長いセールスレターを読ませる方法/ライティングの事例/情報商材ドットコム/ビジネス系・恋愛系・ビジネスツールなど

HOME > ライティング > 長いセールスレターを読ませる方法

長いセールスレターを読ませる方法

参考教材

20ページ、50ページ、100ページ・・・たとえどんなに長いセールスレターでも、推理小説を読むかのごとく最後の一文字まで没頭させ、気づいたら申し込みボタンを押している・・・そのために必要なたったひとつのテクニックとは?

どんなに苦労して書いても読まれなければ意味がない・・・あなたが書いたセールスレターを確実に読ませる(そして買う気にさせる)強力な“フック”を見つける方法とは?(「フック」というのは木坂さんがよく使う言葉ですが、この言葉の意味がわかって初めて強力なヘッドコピーを書くことができるようになります)

長いセールスレターと短いセールスレター、どちらの方が効果があるのか?(この話を聞いたときは思わず鳥肌が立ちました・・・それほど明快な答えです)

これだけは何が何でも覚えておいてください・・・セールスレター型のサイトで絶対にやってはいけない、売り上げを激減させるあるひとつの致命的ミスとは?(おそらくあなたのサイトも含め、今日本にあるサイトの99%は同じミスを犯しています・・・2分で直せます。これを聞いたらすぐに直してください)

ネットビジネス大百科より

ライティング 長いセールスレターを読ませる方法

初めて書くセールスレターでも反応がとれる”QUESTの法則” - 初めて書くセールスレターでもこの法則の通りに書けば顧客の心理に沿って高い反応率のセールスレターを書くことができます。アメリカで最も反応が取れていて、日本でもその効果が実証されたQUESTの法則とは・・・

お客さんへのアプローチ方法がわかる”OATHの法則”- お客さんにどうアプローチすれば高い反応が得られるのか?あなたはターゲットのお客さんをこの法則に当てはめることでどのようなアプローチをすればよいのかが手に取るようにわかり、適切なアプローチをすることができるようになります。

セールスレターの精読率の8割が決まる重要なポイント - どんなにレベルの高いセールスレターを書いてもこの1つを外しただけで反応率がガタ落ちしてしまう、それほど重要なポイントとは?このポイントに力を入れることであなたのセールスレターの反応率は劇的に上がります。

長い文章でもストレスなく読ませる”クリフハンガーストラテジー”とは - パソコンの画面では長い文章は”普通は”読まれません。しかし『ある』仕掛けをすることによってお客さんは長い文章でも自然に読み進め、気付いたら申し込みをしてしまっているという状態を起こさせることが可能です・・・

セールスレターの長さの判断基準 - 長いセールスレターか短いセールスレターか、その判断基準を知ればあなたはもうレターの長さをどうするか迷うことはありません。どういうときに長いレターにするか、どういうときは短くてよいか、セールスレターの長さの判断基準とは・・・

売れない原因を見つける3つのステップ - なぜ売れないのかがわからない時はこの3つのステップを見直して下さい。このステップを順番にクリアできなければ、お客さんがあなたの商品を買うことは絶対にありません。あなたは自分の商品が売れなくても、すぐにその原因を見つけて改善できるようになります

肩書きや実績がなくても信頼を得る方法 - 他人の肩書きや実績を”合法的に”使って一瞬にしてお客さんの信頼を得られ方法

今回の教材について

ネットビジネス大百科は見た目こそ怪しいですが、詐欺まがいの商品が横行していたネットビジネス業界を大きく健全化した商品です。大百科という名のごとくネットビジネスの初心者でも基礎からかなりのレベルまでをわかりやすく学ぶことができます。教科書のような机上の空論ではなく、実際の現場で使われて効果のあった“使える方法”です。1年間の返金保証もついていて、実際に返金もきちんとされているので、インターネットをビジネスに取り入れることを考えているのであれば今すぐ試してみて下さい。内容を見れば「1万円を払う価値があるのか?」という疑問が「たった1万円でいいのか?」に変わります。見てみる価値はありますよ。

参考:ネットビジネス大百科
ネットビジネス大百科とは

ライティングの事例 トップへ

情報商材ドットコム トップへ