情報商材の売り方 /情報商材ドットコム/初心者向け情報商材の作り方・リサーチ方法・集客方法・売り方の解説、優良な商材・優れた無料商材の紹介やセールスレターの書き方など。

HOME > 情報商材の売り方 > 情報商材売り方2 セールスレターを書く(販売ページを作る)

情報商材の売り方2 セールスレターを書く(販売ページを作る)

情報商材を売るには、以下のような流れで進めていきます。

  1. 売る商材を決める
  2. 販売ページを作る(セールスレターを書く)
  3. 見込み客のリストを集める
  4. リストを教育して、セールスレターに誘導して売る
  5. アクセスを集めて本格的に売り出す(広告やアフィリエイトで販売網を広げる)

ここでは、2番目の販売ページ(セールスレター)について見ていきましょう。

セールスレターの書き方

セールスレターは、以下の流れで書いていきます。

  1. セールスレターのアウトラインを作る
  2. アウトラインをもとにセールスレターを書き上げる
  3. 推敲・修正
  4. HTML化(ホームページとしてUPする)

セールスレターのアウトラインを作る

アウトラインは、ヘッド・サブヘッド・ボディコピーの概略だけでいいので、全体の流れを考えます。
慣れないうちからいきなり長いセールスレターを書こうとしても、なかなか書けるものではありません。そこで、セールスレター全体の流れとなるアウトラインを作ります。

セールスレターの書き方や流れに関しては、ネットビジネス大百科のセールスレターのパートが非常に参考になります。 「どういった流れで書いたらいいかわからない」という初心者の方や、セールスレターを書いたことがなく、書き方が全くわからないという方は、ネットビジネス大百科のセールスレターのパートで話されているQUESTの流れに沿って書いていくと、初心者の方でも反応率の高いセールスレターが書けます。

アウトラインをもとにセールスレターを書き上げる

アウトラインが出来上がったら、それをもとにセールスレターを書き上げます。
ここで大事なのは、とにかく書き上げてしまうことです。途中で修正したりせずとにかく書き上げてしまいます。

修正を入れようとすると途中で止まってしまい時間がかかります。修正をしながら書いていると、途中で進まなくなってしまい、いつまでたっても完成しないまま、未完成で終わってしまうということもよくあります。そこで、まずは修正は後回しにしてとにかく完成させてしまいます。修正は後で時間をとっておいてそこですればいいと、おもいきることが大切です。

推敲・修正

書き上げたら、次は推敲・修正をしていきます。
本気で成約率を高めたいなら、最低20回は自分の書いたセールスレターを読み返すとよいでしょう。

HTML化(ホームページとしてUPする)

セールスレターが完成したらホームページとしてUPします。
ここは自分でやってもかまいませんし、WEBデザイナーに外注で依頼してもかまいません。ただし、セールスレター型のホームページ製作をしたことのあるWEB製作会社は少なく、反応率よりもデザイン重視で出来上がるケースが多いようです。 当サイトでもセールスレターのHTML化サービスを行っており、10万円以下でセールスレターのHTML化サービスを行っていますので、最高の出来のセールスレターが書けたらプロのWEB製作者、それもセールスレターの製作実績の多いWEB製作者にというこだわりのある方はぜひお任せ下さい。

セールスレターの書き方に関しては、ネットビジネス大百科が非常に参考になります。
初心者でもこの型の通りに作れば反応率の良いセールスレターが書けるという『QUESTの型』や、ヘッドコピーで反応が取れる9つのポイント『GDTの法則』、一番反応が取れる言葉とは何か、リサーチの重要性と効果的なリサーチ方法など、基礎からかなりレベルの高い内容までを初心者にもわかりやすく教えてくれています。

>> 見込み客のリストを集める へ進む

情報商材の売り方 まとめ

  1. 売る商材を決める
  2. 販売ページを作る(セールスレターを書く)
  3. 見込み客のリストを集める
  4. リストを教育して、セールスレターに誘導して売る
  5. アクセスを集めて本格的に売り出す(広告やアフィリエイトで販売網を広げる)

 

■おすすめ「有料」商材
  ネットビジネス大百科 マーケティングからコピーライティングまで、情報販売の全体像がわかります
■おすすめ「無料」商材(参加費数万円のセミナーの映像を無料配信中)
  最先端のマーケティング技術とその生かし方
  会員制ビジネスで毎月安定した数百万円の収益を稼ぐ方法
  売れるコピーライティングの極意
  17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密
  高額商品をネットだけで大量に販売する方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク   twitter