情報商材の売り方 /情報商材ドットコム/初心者向け情報商材の作り方・リサーチ方法・集客方法・売り方の解説、優良な商材・優れた無料商材の紹介やセールスレターの書き方など。

HOME > 情報商材の売り方 > 情報商材売り方1 売る商材を決める

情報商材の売り方1 売る商材を決める

情報商材を売るには、以下のような流れで進めていきます。

  1. 売る商材を決める
  2. セールスレターを書く(販売ページを作る)
  3. 見込み客のリストを集める
  4. リストを教育して、セールスレターに誘導して売る
  5. アクセスを集めて本格的に売り出す(広告やアフィリエイトで販売網を広げる)

順番に見ていきましょう。

売る商材を決める

情報商材を売るには、3種類の方法があります。

  • 自分で情報商材を作って売る
    情報商材の作り方を参考に、自分自身で商品を作って販売します。
  • 他人の商品をアフィリエイトする
    情報商材のASPにアフィリエイター登録し、商品を決めて販売ページへ誘導していきます。
  • リセールライト(再販売権利付情報商材)を売る

どういった方法で情報商材を売るのかを決め、売る商品を決めます。
どの形で販売をするにしても、独自で決済システムなどを用意しない限りはASPに登録をしておく必要があります。

売る商品が決まらない場合はリサーチ不足です。しっかりとリサーチをして売る商品を決めましょう。
売る商材を決めたら、次はその商材の販売のためのセールスレターを書いていきます。

>> セールスレターの書き方 へ進む

情報商材の売り方 まとめ

  1. 売る商材を決める
  2. セールスレターを書く(販売ページを作る)
  3. 見込み客のリストを集める
  4. リストを教育して、セールスレターに誘導して売る
  5. アクセスを集めて本格的に売り出す(広告やアフィリエイトで販売網を広げる)

 

■おすすめ「有料」商材
  ネットビジネス大百科 マーケティングからコピーライティングまで、情報販売の全体像がわかります
■おすすめ「無料」商材(参加費数万円のセミナーの映像を無料配信中)
  最先端のマーケティング技術とその生かし方
  会員制ビジネスで毎月安定した数百万円の収益を稼ぐ方法
  売れるコピーライティングの極意
  17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密
  高額商品をネットだけで大量に販売する方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク   twitter